遮熱塗料で家の温度を下げられるか?徹底解説!

「遮熱塗料を塗れば、夏は家の温度がさがりますよ~」って外壁塗装業者に遮熱塗料をすすめられる人もいるのではないでしょうか?。あまりに日当たりいい家や、屋根が広い家には頭の痛い問題ですよね。

遮熱塗料にはを使うと、確かに夏は室内温度が下がることは、実験で証明されています。しかし、実は冬場も温度が下がるという実験結果もでています。また遮熱塗料はあんまり効果がないっていうお客さんの声もききます。

そして今は遮熱塗料はあんまり流行っていません。なぜかって言うと、遮熱機能は他の塗料にもあるからです。

室内の温度を下げるには、塗料だけでは難しいケースがありますが、「遮熱塗装」+「断熱材」であれば確実に室内温度は下がります。

最近では屋根だけじゃなくて、外壁にも遮熱塗料が使われるようになってきていますので、その辺も含めて外壁塗装で30年親方をやっている私が、遮熱塗料について解説いたします。

遮熱塗料の特徴

遮熱塗料は、熱を反射させる塗料です。でもその前に、なんで太陽光で家が暖かくなうのでしょうか?

太陽光には近赤外線という光線が入っています、その光線が建物表面の温度も上昇させて、家の中の温度まで高くなります。

だから遮熱塗料は、温度があがる原因の近赤外線を反射させるのです。だから温度があがらない仕組みになっているのです。

メリット

✔家の温度上昇を防ぐことができる
✔温度があがらないから塗膜も長持ちする
✔夏はエアコン代が節電できる(CO2削減)
✔耐久性もシリコン塗料と同程度と高い
✔価格もシリコン塗料より、少し高いくらい

遮熱塗料は特殊塗料です。特殊塗料は機能が特化されているものが多く、遮熱塗料は熱を反射させて、家の温度を下げる塗料なんです。夏に熱い家は大変ですが、塗装工事でそれも解決することができるというわけです。

そして、遮熱塗料は、塗料としての基本性能の”耐久性”もいいので、塗料としては優秀です。

デメリット

✔冬の室内温度まで下がる事がある
✔思ったほど、温度が下がらない場合も
✔汚れると、遮熱効果も落ちてくる
✔そもそも、一般塗料にも遮熱効果はある
✔黒い色だと遮熱効果が薄まる(今は改善したっていうけど、やっぱ色の影響あるよ!)

まずは、遮熱塗料を塗ったお客さんからよく聞くのは「あんまり変わらないね~」って話です。こういった変わらないことに関する原因は2つのケースがあります。

ケース①「そもそも、その家はそんなに熱くなかった。」

遮熱塗料の実験は、一般住宅じゃやなくて、工場とか大きい施設に塗ってる結果が多いのですから屋根がそんなんい大きくなかったり、実は他の家と比べて、もともと熱くなかったりしたら、効果が薄いのです。

ケース②「遮熱塗料だけじゃなくて、屋根の内部に断熱材が必要だった」

遮熱っていっても、やっぱり塗料ってことを忘れてはいけません。遮熱塗料が最高にパフォーマンスを発揮できるのは、屋根の中に断熱材が施工されている場合なんです。

断熱材が入ってないのならリフォームするしかありませんが、とにかく遮熱の効果を最大限に発揮するためには

「遮熱塗料」+「断熱材」

施工前にこれだけは、覚えておきましょう。

遮熱塗料と断熱塗料の違いは?

断熱塗料は、熱を伝わりにくくする塗料のことです。遮熱塗料と断熱塗料は塗料としての発想が異なります。そして断熱塗料で有名なのはガイナです。

そしてガイナは”遮熱”と”断熱”の両方の機能があります。ガイナについては、前に記事にまとめたので、こちらもご覧ください。

遮熱塗料は屋根だけ?外壁もあるの?

2016年5月17日の業界紙「リフォーム産業新聞」でもとりあげられましたが、屋根だけではなくて、遮熱塗装を施した外壁の施工も行われています。

リフォーム産業新聞より引用

画像引用先:「リフォーム産業新聞」

遮熱塗料の価格

遮熱塗料の価格は、シリコン塗料と同じくらいですから、あまりに家が熱いと悩んでる人は検討してみてもいいんでしょう。でも断熱材のリフォームもすると、コストが大幅にあがりますから、ガイナを検討してみてはいかがでしょうか?

遮熱塗料のまとめ

塗料だけで、家の温度を改善するんではなく、屋根裏の断熱材とあわせて温度をさげるように考えましょう。また家が「そもそもそんなに家の中熱くない!」という場合もあります。

でもそんな判断がつかない場合は、一括見積サービスという中立のサービスを使うといいでしょう。

>>一括見積りサービス

申し込みとオペレーターから電話がかかってきますから、オペレーターに「塗装工事で家の温度を涼しくしたいです」と言いましょう。

そしてら、遮熱塗料の施工工事の実績のある会社を紹介してくれますよ!

外壁の現場を20年仕切っている。外壁塗装は詐欺が多い業界。詐欺を撲滅したい。匿名で業界の事情を暴露します。名前はペンネームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です